紗倉まな巨乳美女ソープ嬢ローションプレイで勃起しっぱなしみたいな

ナンパ塾

ローションの存在を知らない人はいないだろうが、正しい使い方を知らない人は多い
ローションの存在は知っているけれど、使い方を正しく知らない人が多い。

使い方と言うか価値みたいな話でもある。どうでもいい人にとってはどうでもいい話かもしれないが、自分にとってこの考え方は大きかった。これを知ることで挿入チャンスを逃さなくなったというのはとても大きいことだ。

カリビアンコムやXビデオなどのエロ動画の影響でローションを知らない人はあまりいないと思う。紗倉まなもヌルヌルになってプレイしていたのは印象深い。

特にに男性は知っている人は多いと思うが、使い方を知らない人が多すぎる。

また、メリットが大きいので正しい使い方を知ると、女性とのデートが10倍楽しくなるはずだ。

ある意味人生の価値がローションの存在と正しいつかい方を知ることで、大きく変わってくると言っても過言ではないだろう。

それくらい価値のある重要な話をするので真剣に聞いてほしいと思う。

重要な話をするから何か作業をしているならやめて集中して聞いてくれ。

たかがローションと思わないでほしいということだ。

なぜローションが必要なのか?

ローションがなぜ重要なのかと言うと、どこかの水泳選手が言ったように超気持ち良いからだ。

すごく単純な話なのである。

気持ち悪いよりは気持ち良いほうがましなのは当たり前の話なのである。
だから、気持ちいいSEXをするためにはローションがあったほうがいいし、

ローションが無いと気持ちよくなくて、SEX自体が無価値で時間の無駄になってしまうことさえある。

どれくらい気持ち良いのかと言うと、普通にするよりは何倍も気持ち良いはずだ。
ドーパミンの量でもわかると思うので、医学的にも証明された話なのである。
ドーパミンとはハッピーホルモンであり、

「気持ちいい」を感じる時に分泌されるホルモンである。この量が多ければ多いほど気持ちいいし多幸感を味わえるという話だ。
オキシトシンとかレンドルミンとか、その類の専門的な話ではあるが、中野信子氏などがテレビで言っていると思うので聞いたことがあるかもしれない。
おいしい物を食べているときのドーパミンの量が1だとすると、SEXをしているときは5。
みたいな話もある。調べたが正確な数字がわからないのでざっくりとだけ言う。

おいしいものを食べているときの数倍SEXをしているときのほうがドーパミンの量が多いということだ。

だから、SEXは気持ち良いはずだし、ハッピーホルモンがたくさん出るので、男も女もたくさんやったほうがいい。
単純にSEXと言っても、気持ちいいSEXとそうでない場合があるから、そこが重要だ。

ちなみに一番ドーパミンの量が多いのがシャ○だ。シャ○SE○だと100倍だか1万倍だか

桁違いの量のドーパミンを放出するらしい。当然法律があるのでぜったいにやってはだめだ。
やった瞬間に人間をやめなければならなくなるので注意してくれ。

ローションによる死亡事故

表ざたにはならないかもしれない、個人情報の保護の観点があるからね。
だから、ニュースで死亡事故がありましたなんていう話が出ることはまず無い。
アナウンサーもどんな顔をして読めばいいのかわからなくなるだろう。
たまに火事のニュースが出て客と譲の本名が出て名誉毀損みたいな話はあるな。
あれはさすがにかわいそうだと思うは。死者に対する冒涜だと思うし、

報道の自由を悪用した暴力だともいえる。

そもそも日本は報道の自由度ランキングでは下のほうに位置しているからね。
風俗譲に聞いてみるのが一番わかりやすい。
現場の声なのでこれが一番間違いないはずなのである。
うわさのレベルだがソープでは死亡事故が起きているはずだし、病気系のやつとかが一番多いだろう。
ローションですべって怪我をしたり、頭を打っての死亡事故も起きているはずだ。

人間いつ死ぬかわからないが恥ずかしい場所では死にたくないものである。

悪用は厳禁である

ローションは正しく使えば気持ちいいが悪用するととんでもないことになるので注意してほしい。

例えば路上だとか、いたずら系だとか、バラエティー番組でたまにつかわれることがあるよな。

上島竜兵のローション×パンスト相撲やローション×タオル引きなどが有名である。

上島竜兵のようなプロがやる分にはかまわないと思うが、(できれば危険なのでやめてほしい)

素人であればなおさら危険なのでやめておいたほうがいい。

見た目は面白いかもしれないが、想像以上にすべるし危険なのである。

すべって頭を打って死亡とかシャレにならないですからね。

ようするに毒にも薬にもなるということなのである。

まとめ買いしたほうが安く買えるという話

ローションというと小さな容器に入っているイメージかもしれないが、あれは高いのでやめたほうがいい。

ヤフオクで昔買ったのが今でも残っていて問題なく使えているが、まとめて購入したのでかなり安かった記憶がある。

1000円くらいで買ったものがいまだに残っている。

お湯で薄めて使えるので少しの原液を持ち歩けば良いから小さな容器に移して持ち歩けばいい。

ようするに業務用みたいなやつをまとめ買いしたほうが安く買えるという話だ。

ローションの正しい使い方

まずローションの使い方の前提としては、SEXのときに使うということである。パンスト相撲などのために使うのではない。

女とアポッた時に常時持ち歩いてSEXのときに使うようにする。

例えば

  • まったく濡れない女
  • 穴が狭過ぎて入らない
  • 自分のが大きすぎて入らない

こんなときにマンコに注入するとスムーズに入るようになる。

しかも超気持ちよくなるから必ず使うようにしたほうがいい。

これがあるだけで精神的にかなり楽になる。初めてのアポや連れ出しても、テンションがあがっている状態で、いざというときになってどうやっても入らない、カラカラに乾いてしまい入らない、

みたいな状態を回避することができる。

知っている既セクとかなら要領がわかるけれど、初見の場合はどんな状態になるかわからないからね。

だから、ローションでヌルヌルにするというのがすごく重要なのである。

確かに、自分のテクでヌルヌルにすることは可能だ、しかし、ヌルヌルにしても潮を吹かせてしまい、リセットされてしまうという場合もある。

そうするとまたやり直しになるし、瞬時にヌルヌルにできるのはやはり便利なので使わない手は無い。

ローション風呂などもできるし、紗倉まな巨乳美女ソープ嬢ローションプレイみたいなこともできてしまう。

とにかく挿入しやすくなるので持ち歩いたほうがいい。

 

デメリット

  • デメリットとしては掃除が大変
  • こぼしたのを知らなくて滑ってコケて怪我をする可能性
  • 依存してプレイが手抜きになる
  • 慢心してしまう
  • 職務質問のときに恥ずかしい

 

この程度なので、メリットが大きいので使ったほうがいいのは間違いない。

まとめ

たかがローションごときと思うかもしれないが、経験上狭すぎて入らないということがたまにある。

狭すぎて入らない場合ははどうやっても入らなくて萎えてしまう、大きくしてチャレンジしてまた入らなくて萎えてしまう。

こんな繰り返しをすることになるので、あの時ローションがあればすんなり挿入できたはずだと思うと後悔が残る。

だから、ローションは常時持ち歩くようにしている。ゴムとセットで持ち歩けば問題ないだろう。

狭すぎて入らなくて入れるのを断念するのと、入れることができて気持ちいいのならどちらを選ぶかは簡単な話だ。

入れることができて超気持ちよければまた会えばいいし、入らなければもういいやってなってしまうと思う。

単純な話だが、知らないでいると狭すぎて入らないということを繰り返すことになる。

挿入チャンスを逃すのはめちゃくちゃ悔しいのでそれは回避したい。

ローションがあるだけで「悔しい思い」を回避できるし超気持ち良いのだから持ち歩くべきだ。

せっかくの挿入チャンスを逃すことになるのでローションを持ち歩くようにしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスが得意です。副業のこと色々書いています はっきり言って月五万円稼ぐことはやり方さえ間違わなければ簡単なことです。 それができていないとすればやり方を知らないだけです。 月五万円稼ぐ方法を知れば、月25万円やそれ以上も稼ぐ事ができるはずです。