ブルマ転売で稼ぐ方法

ブルマはアメリカが最初で、1964年の東京オリンピックの頃に日本に広まったらしくそこから

進化して1994年頃にいくつかの地域で廃止されると、そこから廃止が広まって

2005年頃にはブルマは日本から消滅しました。

 

ブルマーじゃなくブルマが正式名称だと思います。

 

今はもうブルマは廃止されてしまって見ることはなくなってしまいました。

 

今は男女ともハーフパンツやクォーターパンツが定番です。

 

エロ要素0なので、健全と言えば健全ですよね。

 

消えてしまうと見たいって言うマニアの人が出てきて、

需要があるので、普通に売っています。

 

コスプレ用の薄手の生地のものから、本格的なものまで手に入ります。

 

コスプレ用のものであれば、ドンキホーテやアマゾンでも買えます。

 

ピンクのものや、明らかにエロ目的な割れているやつとか色々あります。

 

まぁそんなわけで、ブルママニアとか上履きマニアとかいろんなマニアの人がいるので、

学校からは消えてしまいましたが、マニアの間では流通しています。

 

なぜブルマは消えてしまったのか?

 

ブルマは男子から性的な目で見られてしまい、運動会などでの盗撮、学校への不法侵入など社会問題化。

 

このような理由で消滅したと思われます。

 

 

ロリコン&フェチの間では今でも人気

 

 

学校行事などで見ることはなくなりましたが、ロリコン&フェチの間では今でも人気です。

だから、定期的に逮捕される人が出てきますよね。

 

盗んで逮捕されるリスクを犯してまで手に入れれたいのか?謎ですが、

盗んでまでも手に入れたいというのがマニアの心理なのでしょうか。

 

買ったものでは物足りないとか、盗む時のスリルがたまらないとか、

そういう心理状態だとすればちょっと理解できませんよね。

 

マニアの間では今でも人気があり

 

 

定期的に逮捕者が出ています。

 

 

制服とかブルマとか普通に買えるのに何で盗んでしまうのでしょうかね?

 

簡単に手に入るものより、逮捕されるかもっていうスリルとか背徳感みたいなものを楽しんでいるのでしょうか?

 

しかも有名人だから逮捕されたら相当恥ずかしいのに。

 

だとせれば、性癖というか病気みたいなものなので、治すのは難しいかもしれませんね。

 

理性を超えてしまうものって何なのでしょうか?

 

せっかくテレビに出てネタとかも評価されて成功したのにもったいないですよね。

 

ブルマを格安で仕入れる方法があるので、転売すれば即金で凄いことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です