ヤフオクで高額落札されているICOCA(イコカ)

ICOCA(イコカ)が熱いということで調べてみました。

簡単に言えばSuicaと同じようなものなので、

なんでそんなものが高額で落札されているのか

謎でした。

そもそも、関東在住の僕にはICOCA??状態でしたが、調べてみました。

ICOCA(イコカ)とは?

関東在住の僕はあまり馴染みがなく、ICOCAカードの存在走りませんでしたが、

全国で相互利用が可能らしいので、

東京、福岡、北海道などでも利用できるみたいです。

電子マネー決済での利用が可能なので、

コンビニなどでの買い物でも使えるようです。

かなり便利なものであることは間違いありません。

レジで小銭を落としてしまい焦る必要もなくなります。

JR東日本のSuicaと同じ位置づけのようです。

通常のICOCAとクイックチャージ可能のSMART ICOCAがあります。

ICOCA定期券というのもあるみたいです。

PASMO(パスモ)

Suica(スイカ)

nanaco(ナナコ)

ICOCA(イコカ)

色々ありすぎて、ネットで調べないと??状態になってしまいますが、

ICOCAカードなどがあれば便利だと思います。

滋賀県甲賀市の「忍者ICOCA」がヤフオクで高額で取引されている件

滋賀県甲賀市が、子育て世帯などの補助名目で1500円チャージして、「忍者ICOCA」

として配布したのですが、ヤフオクで高額で落札しているらしいです。

狙いはよかったのですが、予想外の使われ方をして滋賀県甲賀市も困惑気味のようです。

最初は、何で1500円のICOCA(イコカ)が高額で取引されているのか?と思いましたが、

子育て世帯しか配布されないので、入手困難ということで、

プレミア価値で高額落札という流れのようです。

一時的なものかもしれませんが、

コレクターみたいな人がいるので、こういったレア物はヤフオクで人気があります。

また、デザインも忍者のデザインでカワイイから人気があり、

未だに高額で落札されています。

普通に売られているのと同じデザインにしておけば、

このような事態は起こらなかったかもしれませんね。

6万円で落札されて例もあるので、売る方は儲かるし、

買う方はコレクション名目で手に入れることができるので、

ネット上では「ナマポ屑乞食」などの声も聞こえてきますが

倫理云々と言われても出品しますよね。

タダでもらったICOCAが六万円に化けるのですから、

転売の利益率としては美味しすぎます。

他にも調べたら、

函館バスのICカード「イカす」

北九州モノレールICカード「モノスゴカ」

等、面白いネーミングのカードもあります。

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A7dPFlo_iexYXEwAq3pAPDh8?p=%E7%94%B2%E8%B3%80+ICOCA&aq=-1&oq=&x=0&y=0&fixed=0&ei=UTF-8&slider=0&tab_ex=commerce&auccat=0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です