こんまり・スティーブ・ジョブズ、アインシュタインから片付けと断捨離の重要性を考察

 


片付けて整理整頓してから仕事をする習慣

片付けが得意な人は仕事ができる人が多いような気がする。
気がするだけで本当のところは分からないが、
ゴミ屋敷のような状態で仕事をしても仕事がはかどらないとは思う。

だから、片付けはある程度重要だと思うし、

片付けたほうが仕事はしやすくなると思う。
だから僕は、
仕事を効率化するためにはまず片付けからはじめるようにしている。

片付けが下手だとゴミ屋敷状態になってしまう

例えば極端な話、ゴミ屋敷に住んでいる人は

片付けが下手だった人だと思います。
片付けが下手で、物を捨てられないとその延長線上に

ゴミ屋敷という状態が待っています。
ゴミ屋敷にならないためにも常に片付けて

綺麗にしておく習慣をつけたほうがいいです。
片付けができないとモテない

部屋が汚いとモテナイ可能性が高いです。

だから部屋はきれいに片付ける習慣を身に着けた方がいいです。
掃除機も吸引力のある性能の良い掃除機を使ったほうがいいかもしれません。
こんまりさんの本とか断捨離の本を読んで、

片付け上手になったほうがいいかもしれません。
部屋が汚いと女性を部屋に呼べませんからね。

アマゾンから大量の荷物が届いた場合
アマゾンから商品が届きまくっているときは

片付けが追いつかなくて、一時的にダンボールが

積み上げられていくような時もあります。
こまめにダンボールなどは畳んで、

すぐに捨てられるようにしておいたほうがいいです
鬱病の可能性があります

掃除ができなくて部屋が散らかっているのは

病気の可能性もあります。

鬱病の時は何もやる気がおきないので、

掃除や片付けができなくなり部屋がきたなくなってしまいます。

部屋が散らかっている人はもしかすると天才かもしれない

クリエイティブな仕事をしている人は、

すぐ手の届くところに必要な物があったほうがいいので、

あまり整理整頓はしない。

スティーブ・ジョブズ、アインシュタイン、マーク・トウェイン
偉人のような人たちも実は机や部屋は散らかっていたらしいです。
だから、机や部屋が散らかっている人は天才という可能性もあります。

「天才 部屋」と検索するとキレイな部屋と散らかった部屋が

混在して出てくるので、どっちがいいのかはわかりませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です