御朱印帳の転売で稼ぐ方法

御朱印集めがブームですが、

問題なのは「御朱印集め=スタンプラリー」化しているということです。
お参りは二の次で御朱印がとにかく欲しいというマインドから、

かなり強引な方法や失礼な方法で御朱印集めをして、

寺社に迷惑をかけてトラブルになるケース続出しているみたいです。
例えばどのような問題行動があるのか?ということですが、

これだけはやらないように注意したほうがいいです。

参拝せずに御朱印だけが目的のパターン
御朱印ってそもそもなんなのかわかっていないと、

このような行動に走りがちです。
御朱印とは写経して寺社に収めたという納経の証のようなものです。

ということは、本来写経してみたいな流れがなければおかしいのですが、

そこまでこだわってやっているところはないので、

寺社に行けばもらうことは可能です。
しかし、スタンプラリー化していることから、とにかく御朱印を集めることが目的になり、
さらに、寺社に行くのも面倒だからと、

郵送を希望したり、誰かに代行してもらうという人もいるくらいです。
ちゃんとお寺まで行って、

神仏に手を合わせて参拝してその証として御朱印をもらうようにしたいところです。

 

書いていただいている間のスマホ操作

住職や神職が書いている時は、

スマホ操作などは控えたほうがいいかもしれません。
写真撮影する場合は

「撮影してもいいですか?」
の一言がほしいところです。
御朱印帳は忘れないようにする

御朱印帳がないと御朱印がもらえなくなるので忘れないようにしてください。
御朱印帳がないからといってメモ帳とかだとあまり良くないと思います。
時間帯に注意する

寺社は門扉を閉じている時間が長いので、時間帯を間違えると

御朱印をもらえなくなるので時間帯は注意したいです。

 

まとめ

 

2012年に「かわいい御朱印めぐり」

なんていう書籍も出版されているみたいですし、
御朱印集め=スタンプラリー化している状況なので、

注意点はありますが、

ブームということで御朱印帳の転売で利益を得ている人がいて
神社の宮司がツイッターで

「神社の頒布品で利益を得るのは許せない。」

と激怒しているということがあったみたいなので、
御朱印帳の転売でお小遣い稼ぎというのは、
あまりおすすめできないかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です