未だに土葬が行われている問題と土葬納骨のバイトの給料問題

2009年どの総務省の調査で判明したことですが、日本では火葬率が99.93%

 

ということらしいです。

 

 

99.93%ということは、未だに他の方法で行われていうるということ。

 

 

その他の方法とは土葬です。

 

 

日本では土葬が当たり前という時代もあったみたいですが、

 

火葬率が99.93%なのでほぼ消滅したと言えますが、一部では

 

土葬が行われているということです。

 

 

ちなみに、アメリカの場合は火葬率が30%前後。

 

 

日本の土葬は跡形もなくなってしまう方法

 

日本の土壌は酸性だと言われています。

 

酸性ということは、土葬をした場合11年程度経過したところで、

 

酸によって骨まで溶けてしまい、すべて土にかえってしまうようです。

 

 

骨も全て土に還るということです。

 

ただし、

 

水分が多いなどの理由でうまく溶けずにミイラ化してしまう場合もあるようです。

 

 

アメリカの場合は、血を抜いて防腐剤で処理するなどして腐らさないようにして土葬するみたいです。

 

日本のイスラム教問題

 

 

イスラム教の人は土葬しか許されていないため、

 

日本に住んでいるイスラム教の人が亡くなった場合は宗教上の理由から土葬するしかありません。

 

自治体の特別な許可があれば土葬もできるらしい?のですが、土葬は法律では禁止されているようです。

 

このへんの法律は専門家に聞いてください。

 

土葬は場所が必要なので、

 

狭い日本では土地不足で土葬できないという問題があります

 

愛知県津島市で新たにモスク(礼拝所)が完成したらしく、500人が同時に礼拝できるらしいです。

 

 

今後もイスラム教の人が増えれば、

 

土葬問題が深刻化するかもしれません。

 

 

土葬納骨のバイトについて

 

 

土葬納骨とは、

 

土葬されていた遺体を取り出して火葬して骨にして納骨するという方法です。

 

 

ロボットにはできないので人間がやる必要があります。

 

 

土葬のお墓問題

 

 

土葬のお墓は境界線でトラブルになったり、雨などで流されてしまうなど、

 

問題がでてきてしまう場合があります。

 

日本人であれば火葬して骨にするというのが常識と思っているかもしれませんが、

 

未だに土葬のお墓はありますし、昔土葬して残っているものや、

 

イスラム教の人の土葬問題などもあり、

 

他人がいたずらをするなんて言う問題もでてきています。

 

 

こういった問題を解決するために土葬納骨の裏バイトが存在しています。

 

 

土葬納骨の裏バイトの給料

 

 

土葬納骨の裏バイトの給料は日によって2〜5万と言われています。

 

 

2万だとちょっと躊躇してしまいますが、5万円もらえるならちょっとやってみてもいいかなと思ってしまいますよね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です