楽器の転売で稼ぐ方法

楽器の種類など

エレキギター

アコースティックギター

クラシックギター

フラメンコギター

ウクレレ

アクセサリー

エレキベース本体

アコースティックベース

ウッドベース、コントラバス

ベースアンプ

ベースエフェクター

ベースケース

エレキベースパーツ

ベース弦

バイオリン

チェロ

ビオラ

コントラバス

マンドリン

アクセサリー

サックス

トランペット

クラリネット

フルート

ハーモニカ

ブルースハープ

トロンボーン

ホルン

チューバ

ピアノ

電子ピアノ

シンセサイザー

電子オルガン

オルガン

アコーディオン

ドラム

木琴

ハンドベル

横笛

尺八

胡弓

三線

三味線

琵琶

大正琴

和太鼓

 

種類は覚えるのが難しいくらいたくさんある。

 

さらに、ギターで言えば、

 

ギブソン

フェンダー

フェルナンデス

エピフォン

ヤマハ

アイバニーズ

ESP

B.C.リッチ

フォトジェニック

 

 

など色々なメーカーの物がありすべて覚えるのは困難であるが、

 

その辺は問題ない。

 

音楽など興味がない人でも転売すると利益は得られる。

 

 

なぜ音楽に興味が無いようなド素人が楽器の転売で利益を得ることができるのか?

 

 

一番大きい理由は需要があるからということが言えると思う。

 

これだけの楽器が出品されていて、入札が入るということはそれだけ需要があるということだ。

 

 

僕自身音楽は聴く側であり、演奏などはできないが、楽器の転売をすれば利益を上げることができる。

 

むしろ詳しすぎると個人の趣味が反映されてしまい、利益を得るのが難しくなるという側面もある。

 

相場がよくわからない

 

僕が楽器の転売で利益を上げる場合は、相場のよくわからない商品を仕入れるようにしている。

 

相場がわからなければいくらで仕入れればいいのかわからないということになると思われがちだが、逆に相場とかは無視して独自の理論と仕入れ方法と、値段の付け方で売るようにすることで利益を上げることができている。

 

 

さらに、楽器はすべて1点ものということが言える。

 

なぜなら、扱うのはほぼ中古商品なので、状態が同じということはまずないからだ。

 

 

同じメーカーの商品でも全て状態は違う。

 

だから、値段もバラバラで、すべて1点ものの商品なので代わりになる商品は他にないということだ。

 

楽器は商品の価格が高額だから利益を得ることができる

 

 

例えば漫画のような安い商品であれば、薄利多売みたいなことをするなど売り方などに工夫が必要であるが、楽器は1点あたりの価格が高額なため薄利多売する必要はない。

 

また、価格差が生まれやすいので利益を上げやす。

 

 

入札が多いから売りやすい

 

ウォッチリストに入れてもらえたり、入札が多い商品は人気があるので

 

出品すると目立つし注目されるので売りやすいということも言える。

 

飽和しない

 

人気商品だからとりあえず仕入れさえできれば飽和状態になったりすることはない。

 

仕入れる場所は日本全国にあるから、全国どこにいても仕入れはできる。

 

さらに電脳仕入れみたいなことも可能だから、色々と工夫できるところはあるし、

 

利益を得る方法は枯れないし飽和しない。

 

専門的な知識は不要

 

楽器の種類とどんな商品を仕入れればいいのかさえ覚えておけば細かい知識は不要です。

 

ビンテージ商品みたいな超高額でマニアが扱うような商品を扱わなくてもいいので、

 

そういった専門的知識は不要。

 

格安で仕入れる仕入先と仕入れ方

 

仕入先は重要である。なぜなら安く仕入れなければ利益を上げることができないからだ。

 

だから、安く仕入れることができる仕入れ場所を確保して、いつでも仕入れる事ができる状態にしておけば、安定して仕入れ転売を繰り返し利益を上げることができる。

 

仕入れ場所はどこにあるのか?

 

仕入れ場所や仕入れ方法に関しては僕の副業塾やサロンで教えているので、そこで聞いてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です