映画万引き家族よりもエグイ万引きGメンもお手上げのベトナム人窃盗団の手口

万引き家族という映画が人気らしいので見てきた。

万引き家族とはどんな映画なのか?

 

  • パート収入じゃ賄いきれない家族が日常的に万引きを繰り返す映画
  • キャスティングはよかった
  • 家族の在り方を考えさせられた
  • 松岡茉優がカワイイ
  • パルムドール賞受賞

 

はっきり言って迷惑だ

 

 

万引き家族という映画はそのままの映画なので、タイトルはそれ以外付けようがない。

 

しかし、万引きという言葉自体聞くたびに嫌な気持ちになる。

 

窃盗団でもいい。もっとポップなタイトルではなく、えげつないタイトルのほうがいいと思うがそれだと集客できないから無理だろう。

 

ベトナム人窃盗団の存在

 

ベトナム人窃盗団とは文字通り窃盗団である。集団で来店して大量の商品を万引きして、ベトナムに郵送。ベトナムで転売を繰り返しぼろ儲けしている。組織化していてSNSでベトナムから万引きする商品を指示しているという話もある。

 

年間の万引き被害額が4615億円、年間の特殊詐欺被害額460億円

 

これだけ万引きが多く被害額が大きいのは驚いた。特殊詐欺被害額が少なく思えてしまうくらいだ。

 

日本は治安がいいはずなのに、万引きという窃盗被害が多い。お財布を落としても手元に戻ってくるような国であり、そんな民族性なのに、なぜ万引きが多いのか?

 

 

万引きがやめられない、クレプトマニア(窃盗症)という病気があるらしいので、病気なのかもしれないし、よくわからないが、ベトナム人窃盗団なども来日して万引きを繰り返しているらしいし、早急に対処しなければ大変なことになる。

 

 

なにより、万引き被害額の多くは回収できないはずなので、その被害額は我々消費者が負担しているということになる。

 

商品の価格に万引きの被害金額は含まれているはずだ。

 

万引きされすぎて潰れてしまう書店もある。

 

はっきり言って映画は笑えない。書店の店長さんはこの映画を見ることはないだろう。

 

表現の自由はある、しかし万引き家族というタイトルを聞くたびに、見るたびに嫌な気持ちになるのは僕だけでしょうか?

 

万引きGメンの方に頑張ってもらいたいし、セキュリティの技術が向上して万引き被害がなくなることを願うばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスが得意です。副業のこと色々書いています はっきり言って月五万円稼ぐことはやり方さえ間違わなければ簡単なことです。 それができていないとすればやり方を知らないだけです。 月五万円稼ぐ方法を知れば、月25万円やそれ以上も稼ぐ事ができるはずです。