読み終わった本を古本屋、ブックオフに売るか駿河屋に売るのか問題

 

読書家の人は本を読み終えたら捨ててしまうみたいです。

 

 

古本屋に売ればいいと思うのですが、

 

 

 

古本屋に売るとその分、「作家さんに印税が入らないから」

 

 

というのが本を捨ててしまう理由みたいです。

 

 

確かに印税とかそういうのを考えると、作家さんに

 

お金が入らなくなるし、古本が出回れば価格も下がってしまうので

 

 

よくないのかもしれませんね。

 

 

読み終えたら邪魔なだけですから古本は。

 

 

 

でも車は捨てろとは言わないからよくわからないところです。

 

 

 

 

ブクオフに持っていくと

 

買い取り1冊10円になります

 

 

みたいのも嫌です。

 

 

 

 

また読みたいと思えるほどの本を作ってくれれば捨てなくてよくなるのにと思うのですが・・・

 

 

 

服なんかもそうだけど、

 

100円で売った服が5000円とかで売られてたりする場合があるから、

 

 

店が儲けるだけのシステムだから捨てるほうがいいという話もあるけど・・・

 

 

 

 

ブックオフはごみ捨て場だと思っている人多いです。

 

 

 

 

とにかく何度も読みたくなるような本を作ってほしいと思う次第です。

 

 

 

あと駿河屋に捨てようと思った古本を査定に出したら4500円位になりましたが、

 

書類の不備で送料着払いで返送されてきたので売るのやめました。

 

 

 

アマゾンだとアマギフでの支払いになりますが、

 

回収に来てくれるのでらくちんでいいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ネットビジネスが得意です。副業のこと色々書いています はっきり言って月五万円稼ぐことはやり方さえ間違わなければ簡単なことです。 それができていないとすればやり方を知らないだけです。 月五万円稼ぐ方法を知れば、月25万円やそれ以上も稼ぐ事ができるはずです。